待望の新造車「こんぴら」号颯爽と登場!

− 1952(昭和27年)当時の情報より −

1001外観
外観(ヘッドマ−ク(こんぴら号)付き)

 この春にさきがけて、讃岐路に画期的というべき新造車がデビュ−しました。
 その名も「こんぴら号」としてスマ−トで軽快かつ優秀、快速を誇る新造車であり躍進琴電の第一線に存分の活躍が期待されています。

新車の特徴

この文は開発完成時に一部社員及び私鉄他社広報向けに出されたもので、発表は昭和27年3月作成でした。(添付写真共)

10000形の三大特徴


文章および写真ご提供:ステーション様

琴電のページに戻る